企業で無線LAN(Wi-Fi)を導入する際に参考になるガイドライン

企業で無線LAN(Wi-Fi)を導入する際に参考になるガイドライン

無線LANを導入する企業は多くあります。

スマートフォンやタブレット、ウルトラブック(e.g. Surface、Macbook Air)など、薄型・軽量なITデバイスでは有線LANの“口”をはじめから搭載していないものも増えてきて、企業ネットワーク(特に、ユーザーが直接アクセスするエッジネットワーク)の主役は完全に無線LANになった感があります。

ただ、無線LANは有線LANに比べて不正アクセスのリスクが高いのも事実。危ない目に合わないように、しっかりと“普通”の対策をしておきたいものです。

無線LANの“普通”の対策を整理するのに役立つガイドラインを紹介します。

企業等な安心して無線LANを導入・運用するために

発行元

総務省

入手

PDFダウンロード
(0.6MB/16ページ)

本手引書では、企業等の組織が当該組織の構成員にのみ無線LAN利用を許可する形態において、想定される情報セキュリティ上の脅威、及びそれらの脅威に対して当該組織のLAN管理者が取るべき情報セキュリティ対策を示した。また、無線LANの導入・運用の各段階において、取るべき情報セキュリティ対策や方式の検討等、実施すべき事項についても示した。さらに、情報セキュリティ対策を適切に取らずに運用すると生じる危険性について、具体的な事例を交えて解説し、それぞれの事例の原因と解決策を紹介した。

本紙「はじめに」より

無線LANカテゴリの最新記事